HANAオーガニックに学ぶ~美白とシミの真実~植物の力で肌の慢性炎症対策

f:id:fujisan606:20180514103007j:plain

 

肌が紫外線を浴びると、皮膚内部のメラノサイトが活性化しメラニンを過剰に生成して、皮膚を黒くします

これは本来、紫外線から肌をまもるための大切な防御反応で、役目がおわればターンオーバーによってしぜんにはがれていくはずのものです

f:id:fujisan606:20180514093814g:plain

f:id:fujisan606:20180514093835g:plain

ところが、長年の紫外線ダメージの蓄積で肌細胞が弱り、メラニンが過剰に作り続けられるようになり、ターンオーバーも乱れがちになります 

つまりは、つねにシミが日傘をさしてくれている状態になります

f:id:fujisan606:20180514103229j:plain

今あるシミはなくなっても、同じ場所で作り続けられるため、何を塗ってもなくならないシミとなってしますのだそうです

 

 しみや老化は「肌の炎症」です

炎症とは、肌が異物から細胞を守るために戦闘モードになっている状態です

 老化に関係するシミ・くすみ・乾燥・シワ・たるみ・・・そのような現象も慢性的な微弱炎症の状態から起こっているということなのです

 

炎症の原因は

炎症の原因になるのが、紫外線、PM2.5などの環境汚染物質、化粧品などの化学物質、自律神経の乱れ、常在菌バランスの乱れによる悪玉菌の増加、人工的なブルーライトなど

現代女性の肌環境はそのような炎症をおこしやすい環境に日々さらされています

そして、敏感肌、乾燥肌、年齢以上の老化、といったお肌の慢性化を作り出してしまうそうです

>>HANA organic <<

シミはどうすればいいの?

では今消えないシミはどうすればよいのでしょうか?

HANAオーガニックの代表でもあり、スキンケア大学 美ログでコラムも掲載されている林田七恵さんのお話をお聞きしました

f:id:fujisan606:20180514101013j:plain

対処療法

ケミカルコスメにはそれぞれ特徴のある美白成分をうたっているコスメがあります

代表的な美白成分でいうと

「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「トラネキサム酸」「4MSK」

などです

シミの種類によって効果のある美白成分がことなりますので、3か月使ってみて効果がなかったら、違う種類の美白成分が含まれるコスメに変えてみる、そのように試していくと自分のシミに効果のでる美白成分がみつかるそうです

ただ、短い間にできたシミはやはり効果が表れるのも早いそうですが、長い年月を経てきたシミはなかなか対処療法ですぐにというわけにはいかないみたいですね

コスメには医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類あります

医薬品、医薬部外品は国の認可が必要で効果も高くなりますが、意外と副作用もありますので、使い続けるにはご注意くださいね

 

HANAオーガニックのシミに対するアプローチは?

オーガニックコスメのシミに対するアプローチの仕方は対処療法とはちがってきます

さまざまな原因によって肌の健康が崩れ、炎症が起こりやすくなり、肌のメラニン生成が過剰になっていくという状態に対して、植物の力で慢性化した炎症を鎮め、肌の再生力を引き出す成分を対応させてアプローチをするのだそうです

肌を根本から変えていくイメージなので、部分的には即効性のあるケミカルコスメを併用しつつ、肌の力を再生するオーガニックコスメで底上げを目指すというのがベストな選択かもしれません

 

シミの予防が大切!

もとの戻りますが、シミはターンオーバーが正常に機能すれば排出されていきます

なので、そのあとにシミを作らないようにするケアが重要になってきます

そして今の時代に大切なのは紫外線のUV対策だけでなくアンチポリューションのUVが必要だということです

「美白よりUVが大事!」だそうですよ!

 

 

 *HANAオーガニック 関連記事*

cosme.aozoranomame.com