【HANAオーガニック】50代におススメの極上オーガニック!肌の再生力を高める美白ケアを口コミ

f:id:fujisan606:20180513220749j:plain

色々なエイジングケアの化粧品を使ってきましたが、最終的にたどり着くのはやっぱりオーガニックコスメです。

50代だからこそ、ケミカルな石油由来の成分から離れて、本当に良いものだけを使っていきたいです。

1年前に出会った国内のオーガニックコスメ【HANAオーガニック】は、極上の成分を使った本物のオーガニックコスメです。

オーガニックコスメとは

一般的な化粧品は

  • ケミカルコスメ(化学化粧品)
  • 無添加化粧品
  • オーガニックコスメ

に分けることができます。

このうちケミカルコスメと無添加化粧品は石油由来成分でできています。

オーガニックコスメは石油由来成分の使用が禁止されており、原料のオーガニック植物原料が50~95%以上配合されているものです。

f:id:fujisan606:20180513214558j:plain

もともとヨーロッパでは約100年前から健康志向、環境保護の観点からオーガニックコスメが支持されていました。

もちろん日本でも古来から椿油などオーガニックの考え方はありましたが、

オーガニックとくらべると石油由来原料のコスメの方が安定性が高くコストも安く抑えられるので、圧倒的にケミカルコスメが主流となってきたのだそうです。

アロマオイルを手にとればわかりますが、安全なオーガニック成分はとても高価です。

また、安定性も悪く、テクスチャーも良いものが作れなかったそうです。

しかし、それも研究、開発がすすみ、2007年、日本で初めて国際的な認証基準を満たしたオーガニックコスメが作られるようになりました。

オーガニック化粧品の定義
1)石油由来成分の排除
2)動物由来成分の排除
3)植物原料のうち、70~90%以上がオーガニック栽培植物であること

化粧品成分の配合イメージの比較

f:id:fujisan606:20180513215047j:plain

石油由来成分だからケミカルコスメが危ないかというと、そういうわけではありません。

たとえば風邪をひいたときに、はちみつ漬けのレモンで治すか、薬を飲んで咳やのどの炎症をおさえるか、という違いに似ているのかなと思います。

ケミカルコスメ・オーガニックコスメのメリット/デメリット

f:id:fujisan606:20180513215209j:plain

ケミカルコスメは対処療法的な使用には安定性があるので優れているといえます。

ただ、化学物質の多様によって本来自分の肌の持っている免疫力、再生力を低下させてしまう恐れはあるということです。

一方、オーガニックコスメは即効性はケミカルにくらべると弱くなりますが、本来の免疫力、再生力を引き出していくことにより、続ければ続けるほど効果が高まっていきます。

どちらの特性も理解して、使い分けをしていくのがベストな選択ではないかと思います。

【HANAオーガニック】トライアルセット

天然100%・水を一切使わずに濃縮ローズエキスで肌の再生力を高める

HANAオーガニック のスキンケアはこちら>>

* HANAオーガニック関連記事*

cosme.aozoranomame.com