シミ・肝斑の悩みにおすすめ!アンプルール【コンセントレートHQ110】新安定型ハイドロキノンの効果を口コミ

シミ対策

中目黒の美容皮膚科総院長 高瀬聡子ドクターが開発・監修したスキンケア化粧品、

アンプルールの【コンセントレートHQ110】を体験しました。


シミって一つあるだけで、ものすごく老けた印象になります。

 

でも、普通のお手入れだけでは、シミや肝斑はなかなか消えません。

もともと医療現場で使われてきた「ハイドロキノン」という美容成分は、ビタミンCやプラセンタなどの美白成分の10~100倍もの効果があると言われている成分。

日本で初めてハイドロキノンを安定化し、化粧品に配合したのがアンプルール!

美容の先端研究から生まれた「新安定型ハイドロキノン」が、お肌のお悩みを解決に導いてくれる

王道のドクターズコスメです!

 

公式サイトはこちら>>アンプルール

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

「コンセントレートHQ110」は、シリーズの中で最高濃度の新安定型ハイドロキノンが配合され、シミにスポットで集中ケアができる夜用美容液です。

シミ、肝斑などでお悩みの方におススメです。

コンシーラーの重ね塗りが欠かせない。
出産前後から両頬に淡い影ができた。
ニキビや傷の炎症後に褐色の後が残っている 。

こんなお悩みのかたにおすすめです。

ハイドロキノンと新型ハイドロキノンについて

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、シミの原因メラニン色素の生成をおさえ、メラニン色素をつくる細胞そのものを減少させる成分で、
ビタミンCやプラセンタエキスなどの美白成分にくらべて、10~100倍もの効果があると言われています。

メラニン生成

 

ハイドロキノンのすごいところは、シミの予防だけでなく、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけ、今あるシミに対しての効果も確認されているというところです。

欧米では昔からシミ治療に「ハイドロキノン」が使われてましたが、日本では医師の処方箋がないと使えなかった成分です。

2001年の薬事法の規制緩和で、ハイドロキノンが化粧品にも使えるようになりました。
ただ、ハイドロキノンは効果が高い反面、光や酸素、熱に対して不安定で、化粧品に配合するのは困難とされていました。

アンプルールの新型ハイドロキノン

ハイドロキノンの弱点である不安定な要素を取り除いた新安定型ハイドロキノン。

「BCDAC」のマイクロカプセルに包むことで、安定して効果が発揮される上に、お肌に対する刺激もぐっと少なくすることに成功した画期的な成分です。

安定化物質の「BCDAC」がお肌の内部で時間差でほどけ、寝ている間にハイドロキノンがじわじわと浸透します。



アンプルール コンセントレートHQ110 使ってみました!

最初はバッチテスト

上腕の内側に美容液を塗布して2日間様子をみました。⇒とくに問題なし。

スポット集中美容液なので、シミのある部分だけに塗布します。(全顔への使用は控えましょう)
シミはたくさんあるのですが、大きくて気になる2カ所に絞りました。

夜、洗顔後、化粧水の前に使います。

1プッシュ米粒大が目安。

やさしくトントンとなじませます。

[ スポット集中美容液 ]コンセントレートHQ110使い方体験| アンプルール

固めのテクスチャーで、シミにピタっと密着する感じがします。

シミに美容液を塗布してから、あとはローション、乳液などの通常のケアとなります。

スポット集中美容液のあとにローションをつけて大丈夫かな、と思ったのですが、公式サイトでも同じようなQ&Aがありました。

コンセントレートHQ110の後に、直ぐに化粧水をつけても効果は落ちませんか?

特殊加工のシリコンゲルが気になる部分だけを包み込むようにぴったりと密着します。化粧水を重ねることで効果が薄くなったり、気になる部分以外に広がってしまうことはありませんのでご安心ください。

今まで、何をやってもあまり効果を感じませんでしたが、

ハイドロキノンを使い続けているうちに、すこしづつ変化を感じはじめています。

アンプルール コンセントレートHQ110 評判は?

毎日使って約1ヶ月でシミが薄くなったという実感があった、という方が多くみられます。

逆に、とても期待して購入したものの、それほど実感できなかったという方もおられます。

毎日ケアをするかしないかで、効果の実感が変わってくるのかな、という感じです。

アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズ 購入情報

アンプルールの公式サイトからの購入がおススメです。

期間限定キャンペーン中!
アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット

6500円相当⇒1890円税込・送料無料☞¥1500
公式サイトはこちら>>アンプルール

注:インターネットを中心に正規販売店ではないルートで販売されており、相次いでトラブルが報告されているそうです。
製造から年月が経過して、劣化した製品である可能性もあります。ご注意ください。