抜け毛・薄毛対策に!アミノ酸系ノンシリコンシャンプーの特徴について

ヘアケア

抜け毛について

近年、女性の抜け毛、薄毛に悩む方が増えていると言われています。

出産、育児・社会環境の変化によるストレス・加齢など様々な原因が考えられますが、

30代を過ぎると、髪のボリュームやコシ、ハリ、ツヤ感などで同じ年代でも10歳近く老けて見えることもあります。。。。

逆に60代でも髪の美しい人は、とても若々しく見えます。

季節の抜け毛

秋になると抜け毛が増えるのは、夏に受けた頭皮ダメージが原因です。

紫外線が頭皮の老化を促進し、ヘアサイクルを乱し健康な髪の毛を育みにくくさせてしまいます。

頭皮環境に現れた紫外線のダメージによって、抜け毛が増えてしまうのだそうです。

産後の抜け毛

産後の抜け毛は、女性ホルモンの変化と、栄養不足、ストレスが主な要因と言われています。
出産後は女性ホルモンが急激に低下し、バランスが崩れます。
また、産後は自分の体の回復だけでなく、赤ちゃんの授乳もおこなうため、忙しく栄養バランスのとれた食事を十分に取れないこともあり、髪の毛まで栄養が行き届かなくなってしまうこともあるでしょう。
そして、育児ストレス。赤ちゃんのお世話、睡眠不足、環境の変化でストレスが溜まったり、疲労の蓄積で抜け毛が増える原因になってしまいます。

 

抜け毛対策

栄養

バランスの良い食事が大切です。髪の良いされる食材を積極的に食生活に取り入れましょう。

タンパク質
髪の毛はほとんどがタンパク質で作られているため、意識して摂ると質のいい髪の毛が育ちます。
特に植物性タンパク質を多く含む大豆製品は有効です。
亜鉛
亜鉛が不足すると、タンパク質を摂取していても髪の毛の成長が促進されません。
また、亜鉛不足は白髪の原因にもなりますので、きちんと摂りたい成分ですが、現代人は1日に必要な亜鉛摂取量の半分した摂取できていないと言われています。
亜鉛が多く含まれている食品は牡蠣、レバー、ウナギ、アーモンド、カシューナッツ、ほたてなどがあります。
カルシウム
カルシウムが不足すると、髪の生成がスムーズにいかなくなり抜け毛の原因となります。
乳製品や小魚に多く含まれていますが、授乳中は乳製品の摂取は母乳のつまりの原因にもなりますので少し注意が必要です。
ビタミン
ビタミンは老化防止や血流改善に効果が期待できる栄養素です。特にビタミンB2、B6、Eは髪の毛に良いと言われます。
納豆、わかめ、マグロ、カツオ、ごま、昆布など、バランスよく摂取したい食材です。

頭皮のケア

抜け毛、薄毛の対策には、髪が作られる頭皮のケアは避けて通れません。
普段使っているヘアケア商品を見直してみることで、意外と変化を感じやすいのが髪の毛のスタイリングです。

頭皮ケアを考えてシャンプーを選ぶ基本は「アミノ酸系」「ノンシリコン」がポイントです。

アミノ酸系シャンプーって?

アルコール系、石鹸系のシャンプーは洗浄力が強く、頭皮に必要な皮脂まで洗い流し、乾燥などの頭皮トラブルを起こしやすい環境にしてしまうこともあります。

アミノ酸系シャンプーは、頭皮や髪、身体の成分に近いアミノ酸でできているため、肌に優しく、不要な皮脂や汚れを落としてくれる近年最も注目されている低刺激なシャンプーです。

ノンシリコンって?

シリコンは髪のキューティクルをコーティングし手触りをよくしたり、艶を出したりするために配合される成分です。

表面的な美しさをだす役割を果たしてくれますが、最近では、シリコンが毛根や毛穴に詰まって栄養分が行きわたらず、頭皮や髪にに負担をかけることもあると言われるようになってきました。

もちろん、シリコンが悪というわけではなく、シリコンでコーティングすることで、キューティクルが壊れるのを防いでくれたり、毛髪同士の摩擦やドライヤーの熱から守ってくれたり、広がりやすい髪をまとめてくれたりと色々と活躍してくれている成分です。

ただ、髪の毛を根本から改善し、頭皮環境を整えるためには、ノンシリコンに切り替えてみるのがおすすめです。